フリーランスで働く人が定年を考えるとき

「フリーランス」は、企業の従業員ではなく個人として独立して仕事を引き受ける働きかたである。IT業界はこのような働きかたができる職種が比較的多いといえるが、経験と実力が一定水準を超える人物でなければ務まらない働きかたでもある。
フリーランスの仕事の獲得方法は、知人からの直接の依頼、もしくは知人から紹介を受けた人物から依頼されるパターンが多い。長年、独立して仕事を引き受ける活動を継続できた人であれば知名度が高まる傾向にあるため、接点がない人から仕事を頼まれることもあるが、そこに至る道のりは業界内での人間関係が営業活動につながっているのだ。
原則として、フリーランスとして働く者に定年退職はない。雇用主や上司がいない働きかたなので、定年を申し渡されることはないのだ。本人が望む限り、仕事の依頼がある限り活動を続けられる。
しかし、年齢を重ねると誰でも肉体的・精神的な衰えは避けられない。特にIT業界でバリバリと最前線で仕事をこなすには体力や集中力が必要で、さらに新技術の学習も必要なため高齢になるほど厳しい。そこで事実上の定年を選択する者もいる。
事実上の定年とは、「廃業」を意味する場合もあるが、最前線から一歩引いて後進を指導する立場になるのもひとつの方法だ。指導方法はいろいろと考えられる。ネット上で発信してもいいし、書籍の出版を考えてもいい。どのような方法を選ぶとしても、それまでに築いてきた人間関係がそこでも助けてくれるだろう。